MENU

リゾート地で語学を学ぼう

飛行機

南国で英語習得

一昔前まではビジネスパーソンに必須であった英語力。しかし昨今、国際化の並はビジネスパーソン以外にも広がり老若男女誰しもに英語力は重要なコミュニケーションツールとなっています。義務教育で小学校から英語学習が始まるばかりか、幼児の英会話スクールも盛んになっています。社会人になってから英会話力を身に着けようとしても若い時のような吸収力はありません。駅前の駅前留学を試みてもとても根気のいる英語学習になってしまいます英会話スクールにはグループレッスンや個人レッスン、またアメリカ式英語かイギリス式英語も選べたりします。しかしどんな形態の英会話スクールに行こうとも一歩外に出たら周りは当然日本語に溢れ、その中で英語を意識することは非常に困難になります。英語習得にはいかに英語に短期集中でどっぷりと浸かるかが重要になってきます。そうなると日本での英語習得にはかなりの労力を要することになります。そのような現状の中、英語留学というものがあります。アメリカやイギリス、オーストラリア、ニュージーランドなど様々な国へ英語留学がある中、近年セブ島への英語留学が人気を博しています。当然のことながら、英語圏の国に行き、そこの空気を吸っただけで英語が話せるようになるわけはありません。セブ島が人気なのは南国リゾート地ということだけでなく、その教育スタイルにあります。英語留学でも珍しいマンツーマンスタイルの英語習得法が確立されています。徹底的に英語に浸かり、そして一歩外に出てもそこは英語だけ。リゾート地であるセブ島で存分に英語漬けになり、短期集中で英語習得への大きな足掛かりになります。駅前留学もいいですが本気のセブ島英語留学も選択肢の一つとして大きな魅力を持っています。